日本周辺海溝の地形と構造 - 海溝 研究グル-プ

日本周辺海溝の地形と構造 研究グル

Add: qituda96 - Date: 2020-12-17 07:49:09 - Views: 1661 - Clicks: 8451

化石研究会会誌 Journal of Fossil Research, Vol. 54 march, 千島海溝南西部周辺の3d 海底地形† 泉 紀明*1,西澤あずさ*2,堀内大嗣*3,木戸ゆかり*4, 後藤秀昭*5,中田 高*6. 2輯 49(3), 295-325,. 一部に共同研究国の陸海域の同時調査や関連調査資料の 提供等も受けている一 本研究の目的は日本列島を含めた太平洋西縁域の島 弧・海溝系の地質構造の解明を目ざしもって有用金属 鉱床石油・天然ガスの探査巨大地震あるいは火山噴.

y海溝海側にも広がる yマグニチュード6以上の余震 y内陸地震も活発化 y福島県南部 y長野県北部 y富士山南方 y秋田沖 y. し,100万 分の1海 底地形図「東北日本」を作製した。第1図Aに,こ の地形図を簡略化してトレースした ものを示す。第1図Bは 東北日本の流系図を示す。また第2図 には,日 本海溝域の東西地形断面を南北に 並べたものを示す。 東北日本島弧-海 溝系の地形構造. 2程度 :経年等により値が変わったもの s. 日本列島の下にはフィリピン海プレートや太平洋プレートといった海洋プレートが沈み込んでおり、上盤である大陸プレート(日本列島)と下盤である海洋プレートの境界では、プレート境界型地震が多数発生しています。プレート境界型地震の規模は、年東北地震のような人間社会に脅威を与える巨大地震から、通常の地震動を生じないゆっくりとしたプレート境界の滑りまで多種多様で、その分布も一様ではありません。このようなプレート境界型地震の多様性・地域性は、プレート境界面の性質、すなわち境界面の形状や物性などによって決定付けられると考えられています。 プレート境界面の性質を決定づける主要因は、沈み込む海洋プレート表層の地形や物性です。例えば、沈み込んだ海山は地震時にプレート境界面の破壊の伝播を妨げることが知られています。他方、厚い堆積物によって海洋プレート表層の凹凸地形が覆い隠されると、地震時にプレート境界面の破壊が伝播しやすくなり、地震が巨大化する可能性も指摘されています。 また、沈み込む堆積物の物性も地震発生に大きな影響を与えます。例えば、年東北地震で大津波を惹起した海溝軸近傍の地震性滑りは、JAMSTECの地球深部探査船「ちきゅう」による海洋掘削の成果から、極めて摩擦係数が低く、強度の低い物質(スメクタイト)に富む粘土層が、プレート境界付近に存在したため、巨大化につながったと指摘されています。さらに、太平洋プレート上の掘削結果と照合した結果、このスメクタイトに富む粘土層の供給源は、太平洋プレート上に降り積もった遠洋性堆積物であったこともわかってきました。海洋プレートが沈み込み帯に持ち込む堆積物中に含まれている遠洋性粘土が巨大な地震・津波の発生を可能にしていたのです。 このように、海洋プレート上の堆積層の厚さや物性が、沈み込み帯における地震活動に大きな影響を与えることがわかりました。しかし、一般に海洋プレート上の堆積層の実態把握は進んでいないのが実状です。海底面下に広がる堆積層の厚さや物性の分布の把握には高解像度の地下構造探査が不可欠なためです。 年東北地震後、JAMSTECは震源域に沈み込む直前の太平洋プレート上で、多種多様な反射法地震探査(※1)を実施してきました(図1a)。その結果をコンパイルすることで、沈み込む前の太平洋プレート上の堆積層の厚さ(図1b)や. 【日本海溝の移動】 太平洋プレートが切断されないためには, 日本海溝と伊豆-小笠原海溝が連続してい なければならないので,日本海溝を伊豆-小笠原海溝に追随させ西に移動させる.す ると,今度は日本海溝と東北日本が近づい てしまう. 【造構性浸食】. 52(1), 1-10() 日本海の拡大と北部フォッサマグナの形成 ユーラシア大陸の東縁で陸弧として成長してきた古 日本列島には,少なくとも古第三紀以降は太平洋プ レートが沈み込んできた.日本海の拡大直前で. 6琉球(南西諸島)島弧調査報告 (GH75-1,一5研究航海1975年1月~2月,7月~ 8月)(1976) No,7日本海溝および千島海溝南域の地質学的調査 (GH76-2研究航海1976年4月~6月)(1977) No. (b)海溝 太平洋の縁辺は深度6000m以上の溝状の窪地である海溝によって 取り巻かれている(図4)。海溝は太平洋の西縁では日本列島のような 弧状列島と平行に分布し、太平洋の東縁ではアンデス山脈のような 陸弧と平行に分布している。.

世界の火山は、プレートの境界(海溝沿い、海嶺)とプレート内にホットスポット(下記参照)として分布している。 陸のプレートの下に沈み込んだ海のプレートからの水の働きによって上部マントルの一部が融けて上昇. 9程度 黒松内低地断層帯 7. 東京大学地震研究所HPより 余震域南限周辺の構造調査 12 南西 北東地震の余震域 フィリピン海 プレートの 上面 フィリピン海 プレート. See full list on jamstec. 構造--日仏協力kaiko計画の潜航調査から kaiko2研究グル-プ 科学 56(5), p286-295, 1986. (G亘74-3,一6研究航海1974年6月,10月~11月No. 水路部では昭相48年以来尚丙諸島周辺の大陪棚 調査を実施している(永田f他 1976 ,桜井,水野, 1976 ,却 l藤他, 1982 ,植岡他,日84. 日本周辺海溝の地形と構造 : 日仏海溝計画「第1期」のデ-タ図集 種類: 図書 責任表示: 海溝1研究グル-プ編 出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 1986 著者名: 海溝1研究グル-プ編.

日本列島は島弧-海溝系に属しているから,まず,これ を取り囲む海洋底,縁 海盆,大 陸などを大地形に基づき 区分(1か ら6ま で)す る. Grevemeyer3, 三浦 誠一1 1Japan Agency for Marine-Earth Science and Technology (JAMSTEC) 2Department of Ocean. 2程度 約5,600年前以後-3,600年前以前 (石鎚山脈北縁西部区間) 7. 東海地域のフィリピン海スラブ形状と収束テクトニクス 野口 伸一 地震. 海嶺と海溝で起きる地震のメカニズム 海溝では大陸プレートの下に海洋プレートが入り込み、ある程度の所で反発が起き、(力が入り過ぎたため?)その反発が地震として伝わっていくという考えでいいですか?また、海嶺ですが、まず海嶺というのは地下のマグマが上昇してきてそれが冷え. JAMSTECの深海調査船「かいれい」を用いて反射法地震探査を実施し、得られた結果(図2)から東北沖の堆積層の厚さを推定しました。その結果、本海域の標準的な堆積層厚は300~500msec程度ですが、一部海域に50msec以下の非常に薄い堆積層が確認されました。その一部は海山の存在で説明できますが、A海域(Area A)やC海域(Area C)では海山がないにも関わらず堆積層が非常に薄くなっています(図1b)。 本海域の標準的な堆積層は古い方から(底部から)、チャート層、スメクタイトに富む遠洋性粘土層、そして厚い半遠洋性堆積層の3層に分けられることが知られています(図4左参照、※2)。チャート層分布をマッピングしたところ(図1c)、堆積層が薄い海域ではチャート層が失われていることがわかりました。 また、C海域で海底地震計(OBS)による屈折法構造探査データ(※3)を用いて地下の地震波速度構造を求めたところ、堆積層の薄い海域では、音響基盤(顕著な音波の反射面)直下の地震波速度が周辺よりも有意に低いことがわかりました(図3d)。 さらにOBS直下の詳細な構造境界面分布を調べるために、OBSデータにレシーバー関数解析(※4)を適用しました。その結果、堆積層が厚い海域ではチャートと地殻の境界面だけが検出されるのに対し、堆積層が薄い海域では音響基盤に相当する一番浅い構造境界面に加えて、その下にも複数の構造境界面が検出されました(図3b)。堆積層内を地震波が伝わる速度で換算すると、これらの複数の構造境界面は音響基盤直下の数百メートルに存在すると考えられます。 A及びC海域は、プチスポットと呼ばれる若い単成火山が多数見つかっている海域に相当します。プチスポットは直径1km足らずで、高さ100mにも満たないなど、その名が示す通りとても小さい火山として知られています。溶岩は粘性が極めて低く、薄く広範囲に広がりやすい性質を持ちます。実際、中米で発見されたプチスポットが陸化したと思われる露頭では、堆積層内に複数の薄い貫入岩が観測されています。また、同様な化学組成を持つ溶岩流が数十km以上にわたって海底面に薄く広がっている海域がハワイ沖で見つかっています。 今回の構造探査の結果やこれらのプチスポットの特徴を考慮すると、A及びC海域ではプチスポットの活動に関連した過去の溶岩流やマグマの.

グル-プ に属す る 砺波平野断層帯・呉羽山断層帯 (北部) 7. 本稿では,こ れらの区の地震. 海溝と平行する弧状列島(島弧)がセットになる 日本海溝&東日本弧,伊豆小笠原海溝&伊豆・小笠原弧 ,南海トラフ&西日本弧,琉球トラフ&琉球弧 島弧-海溝系ではプレートの衝突により生じるエネルギー. 24 下北、三陸北部、三陸南 部、石巻湾、常磐北部、常 磐南部・鹿島灘、本州東方 716,717,718,719,720,721,776水温、塩分、海流・潮 流(流向・流速)、水 深、地形、地殻.

8中東部中央太平洋海盆に関する深海底鉱物資源の. 活動は検討せず,し たがってMmaxも 与えていない. 図5:日本列島とその周辺の地形国土地理院、海上保安庁などのデータから作成 日本列島の東側には、千島海溝、日本海溝や伊豆・小笠原海溝が、また南東側や南側には、相模トラフ、駿河トラフ、南海トラフや南西諸島海溝が、列島に沿うように延びてい. 桂他. 1986)。本報では従来的測量成果をとりまとめて図示L,地形止ぴ地質構造等の特徴について述べる。沖縄ト 第1図 日本海溝南部周辺の海底地形.陸域の標高と同じカラースケールを用いて,水深6000メートルを 0メートルとして海底地形を表した.太平洋プレート上には標高3000メートルを超え,また直径. 国立研究開発法人海洋研究開発機構(理事長 松永 是、以下「JAMSTEC」という。)海域地震火山部門・地震発生帯研究センターの藤江 剛センター長代理らは、東北沖の海底下構造を調査・解析した結果、海底面には現れない小さな火成活動によって堆積層が広範囲に薄化している海域を発見し、その沈み込みがプレート境界型大地震の発生にも影響を与えている可能性を示しました。 海洋プレートが海溝から沈み込む場所ではプレート境界型地震が発生しますが、その規模や発生様式を決定付けるのはプレート境界面の性質(形状や物性など)です。そのプレート境界面の性質を決定付けるもっとも重要な因子は、海洋プレートの表層の性質であり、火成活動に伴う海洋プレート上の堆積層の変質はプレート境界型地震の発生に強い影響を与えると考えられます。 年の東北地方太平洋沖地震(以下、年東北地震と呼ぶ)で大津波を惹起したのは、海溝軸付近で生じた50mを越える巨大な地震性滑りでした。この巨大滑りは、北緯39度付近を越えて北側には広がりませんでした。この位置にはプチスポットと呼ばれる火成活動によって堆積層が広範囲に変質した海域が沈み込んでいます。火成活動によって沈み込む前の堆積層が変質し摩擦係数が極めて低く、強度の低い粘土鉱物を含む層が乱され失われたことが、年東北地震の北限を決定付けていた可能性があります。 本研究は、独立行政法人日本学術振興会(JSPS)による科学研究費助成事業(JP15H05718)の助成を受けたものです。 本成果は、「Geology」に3月31日付け(日本時間)でオンライン掲載されました。 タイトル:Spatial variations of incoming sediments at the Northeastern Japan arc and their implications for megathrust earthquakes 著者:藤江 剛1、小平 秀一1、中村恭之1, J. 「日本海溝・千島海溝周辺海溝型地震に 関する専門調査会」 (第7回) 地震動の推計について(案) (検討途中のものであり内容は変更される可能性があります。) 平成17年2月4日 中央防災会議事務局. 日本列島周辺の沈み込み帯の特徴 -海溝型地震発生帯の目視観察と地下構造- (独)海洋研究開発機構特任上席研究員 藤岡換太郎 地球上にはプレートの沈み込み帯が30 ほどあり、共通する特徴によって2つのタ イプに区分できる。.

その過程およびほかのプレートとの接触・熱構造によって、現在の火山や活断層の分布、関東平野の地形発達も大局的に説明可能です。 さらに「地震の巣」といわれる活発な地震発生集中域や首都圏直下型大地震(例:1855年安政江戸地震)などが従来の. 捉島の東方沖までの日本海溝及び千島海溝並びにその周辺の地域における主に プレート境界または海洋プレート内部で発生する大規模な地震について、地震 の特徴や想定される地震の揺れの強さ、津波の高さ、これらにより発生する液. 日本周辺での海底地すべりは,特に太平洋側に位置す る日本海溝や伊豆・マリアナ海溝,南海トラフなどの海 溝部で多数見つかっている1).これらの場所では海洋プ レートの沈み込みが起きているため,それに伴う地震活.

日本海溝などの深海海溝底付近において、地震・津波履歴調査を 行える技術 深海auvによる精密地形調査・浅部高分解能地下構造調査(事前調査) 上記の調査に基づき、深海において、正確に位置制御可能なサンプル採 取技術 次世代深海サンプリング. 防災対策推進地域、日本海溝・千島海溝周辺海 溝型地震防災対策推進地域 阪神・淡路大震災以降に発生した最大震度6弱以 上の地震の震源地 日本海溝・千島海 溝周辺海溝型 耐震強化岸壁緊急整備プログラム (平成18~22年度の5年間) 伏木富山港. れる構造地質学的な要因によって形成されたと考えられる。 2.海溝型巨大地震に伴う地殻変動(図3(a)) 十勝沖、三陸沖、四国沖、日向灘で発生する海溝型巨大地震に伴う日本列島沿岸域の地殻変動を有限要素法に より計算した。. 海洋情報部研究報告 第54号 平成29年3月27日 report of hydrographic and oceanographic researches no. 震源の分布とその発震機構(海嶺では正断層タイプや横ずれ断層タイプ、海溝では逆断層タイプの地震多い)、火山の分布、ホットスポットから始まる火山島-海山列の並び方とその年代、地殻熱流量(海嶺で高く、海溝で低い、さらには大陸と海洋でほぼ. プに区分できる。堆積物が陸に付け加わる付加体(タイプ1)と陸が食べられる構造 浸食(タイプ2)である。後者は蛇紋岩海山の有無によってさらに2区分できる。 日本列島周辺には4枚のプレート、太平洋、フィリピン海、ユーラシアそして北米の プレート. 術研究開発プ ロジェクトチー ム yk16-02 日本海溝周辺での広域地殻変動場の 把握.

日本列島周辺の海底地形。紀伊半島南東沖合いから四国西端にかけて発達し、水深約5,000m に達する細長い凹地が南海トラフである。フィリピン海プレートの日本列島への沈み込み帯で あり、大規模な海溝型地震の震源地帯として注目されている。. 3程度以上 s*ランク 7. 日本周辺のプレート と東北地方太平洋沖 地震の震源・震源域 地球の表面は十数枚のプ レートと呼ばれるかたい 岩板で覆われ、日本周辺 は*つのプレートがひし めき合っている。東北地 方太平洋沖地震は、東北 日本を載せた北米プレー トと、その下に. 『日本周辺海溝の地形と構造 日仏海溝計画(第1期)のデータ図集 』海溝1研究グループ、東京大学出版会、1987年。 日本周辺海溝の地形と構造 - 海溝 研究グル-プ isbn。 『日本周辺の海溝 6000mの深海底への旅 写真集 』海溝2研究グループ、東京大学出版会、1987年。 isbn。. 1 / 44 ページa b c d e f g h i j k 平成29年度海洋調査等の実施. 探査測線による,破壊域周辺の深部構造を明らかにするこ と,2)日本海溝に沿って非一様な分布をしている地震活動 と関連する構造的特徴を明らかにすること,である。本論 では探査概要と取得したデータの紹介および暫定的な解 析結果について報告. 1(1)海溝型地震 「海溝型地震」計画推進部会長 小原一成(東京大学地震研究所) 副部会長 西村卓也(京都大学防災研究所) 海溝型地震の発生機構を科学的に解明することは,海溝型地震の発生予測ならびに地震に伴. 日本周辺の海溝及びトラフの海底地形, 1985.

力に伴って引き起こされる構造地質学的な要因によって形成されたと考えられる。 2.海溝型巨大地震に伴う地殻変動(図3(a)) 十勝沖、三陸沖、四国沖、日向灘で発生する海溝型巨大地震に伴う日本列島沿岸域の地殻変動を有限要素 法により計算した。. 8程度 以上 7. 日本海溝に沈み込む前の太平洋プレート上では、A及びC海域に加えて今回の調査海域の東端付近でもプチスポットサイト(B海域)が見つかっていることから、既に日本海溝に沈み込んでしまっているプチスポット海域があったとしても不思議ではありません。海洋プレートが20km以上の深度まで沈み込むと、温度上昇に伴いスメクタイトはすべてイライトに熱変成してしまうはずです。しかし、普通の堆積層が沈み込む場所と、堆積層内に貫入岩が入ったプチスポットサイトが沈み込む場所では、プレート境界面の性質に違いが生じると考えられます。A海域やC海域の面積は、日本海溝プレート沈み込み帯で発生するマグニチュード7から8クラスの地震の破壊域に匹敵する大きさです。これらの地震発生にもプチスポットサイトの沈み込みが影響を与えているのかもしれません。このような可能性を検証するには稠密なOBSを用いた構造探査観測や掘削による地層試料の直接採集など、沈み込んだプレート境界面の詳細な実態把握を目指した構造研究が必要となるでしょう。 世界で最初にプチスポットが報告されたのは本研究海域でした。しかし、近年、他の海域でも次々とプチスポットサイトが報告されるようになりました。おそらく、プチスポットの沈み込みは日本海溝域特有の現象ではありません。小さな火山と思われていた海洋プレート上のプチスポットが、世界各地の沈み込み帯におけるプレート境界型地震活動の不均質性の一翼を担っているかもしれません。. 日本周辺の海溝 - 6000mの深海底への旅 写真集 - 海溝2研究グル-プ - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。.

/98 /1c108307-226 /57370132 /77195996

日本周辺海溝の地形と構造 - 海溝 研究グル-プ

email: zubaka@gmail.com - phone:(675) 710-8288 x 2740

徹底カラー図解・自動車のしくみ - 野崎博路 - Every best

-> 東京で家を建てる 2008春 - 月刊ハウジング編集部
-> 「日韓」の終焉と始まり - 金容雲

日本周辺海溝の地形と構造 - 海溝 研究グル-プ - 野口芳宏 小学生までに知っておきたいマナーとお作法


Sitemap 1

100問ノススメ小児科 - KM100%編集 - いまあなたができること 地球を守るために しなければならないこと 小田全宏